サブメニュー

年金受給だけど借りたい

年金受給者の場合、申込みできるカードローンとできないカードローンがあります。年金以外でも働いて収入があればいいのですが、年金の収入を安定した収入と見なさないカードローンもあるからです。

 

年金受給者の場合、高齢という点も考慮すると最後まで返済してもらえる可能性についても厳しいと判断されてしまいます。そのため、カードローン会社では申込み条件に年齢の制限を設けています。多くのカードローンが年齢の上限を60歳~70歳で設定しているので、年齢の条件も確認した方がよいでしょう。カードローン申込み後も、上限の年齢を超えると、追加の借入れもできなくなります。

 

消費者金融は、収入が年金受給のみの場合には融資を断っています。年金の収入だけでは返済にお金を回すのは厳しいという点と、借入れできる金額や期間に制限を付けざるを得ないので、リターンが少ない割にリスクが高いからでしょう。年金受給者がカードローンを契約するなら、一部の銀行や郵貯、信用金庫などから探す必要があります。

 

注意点として、年金受給者への、融資の詐欺の話に引っかからないようにしましょう。融資する代わりに担保として年金手帳の提出を求めるような悪質な業者もあります。正規のカードローンであれば、融資の代わりに年金手帳を預けておくというようなケースはありえません。

 

年金を安定収入として見るか、利用条件として満たしているかはカードローンサービスによって異なります。ただ、年金収入のみで借り換えローンやおまとめローンといったカードローンの利用は難しいので、あくまで少額の借り入れに留まります。

 

おまとめローンとしても借りられるオリックス銀行の一本化は、やはり安定したそれなりのレベルでの収入が必要となるのです。

 

オリックス銀行カードローンを利用するために必要な条件等については、おまとめや借り換え利用時の申し込みに関する基本がまとめられているhttp://www.select-cardloan.com/karikae.htmlのページを見ておくと参考になります。