サブメニュー

未成年だけど借りたい

未成年の場合、カードローンの利用は無理だと考えてください。未成年には契約を結ぶ能力がないと見なされています。例えばカードローンでたくさん借入れをした後に、両親からこの契約は無効です、とでも言われれば、金融会社側は取り立てる手段を失ってしまいます。貸付側に回収の保証がないので、銀行や消費者金融では未成年のカードローンの申込みを断ります。

 

それでも未成年が借りる方法もないわけではありません。1つ目の方法として学生ローンがあります。大学生や専門学校生であれば、学生ローンなら申込みが可能です。ただし、当たり前ですが学生に限られます。未成年がお金を借りる、数少ない方法の1つですが、学生のみという制限があります、

 

もう1つの方法として、クレジットカードを利用する方法があります。クレジットカードの場合、18歳以上なら契約が可能です。安定した収入がある点と親の同意が必要だというハードルがありますが、カードローンと違い、クレジットカードなら契約が可能です。

 

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、キャッシング枠を使えばカードローンと同じように現金を引き出せるようになります。

 

ただし、未成年のクレジットカードのキャッシング枠は5万円や10万円程度なので、多額の借入れはできません。

 

同じ学生でも20歳を超えていてアルバイトによる安定した収入があれば、大手消費者金融のプロミスの審査通過も可能となります。