カードローンは誰でも利用できるわけではない

お金に困ったときに必要な分を借りられるカードローンのサービスは、誰でも申し込みをしたからといって借りられるわけではありません。申し込み後の審査に通り、契約をしてこそ借りられるので、まずは基本と言えるカードローンの利用条件はしっかりと見ておかなければならないのです。

 

 

カードローンサービスによって条件が異なるのも厄介な点で、全てのカードローンで共通をしていれば分かりやすいのですが、借りるところにより様々となります。異なる部分も単純に消費者金融と銀行で大きく違うわけでもなく、消費者金融も銀行も共通をしている部分も多いです。

 

しかし、銀行の中ではそれぞれで利用条件に違いがあり、状況によっては同じ銀行のカードローンであっても利用ができるところとできないところで分かれる可能性すらあります。

 

やはり申し込み前の利用条件の確認は必須であり、条件を満たさない申し込みをしてしまっても、審査に通る見込みは一切ありません。余計な申し込みや審査となってしまいますので、よく確認をしてから手続きを進めるようにしましょう。

 

カードローンの申込み条件

ちょっとしたお金のトラブル時に、ATMからさっと借入れできるのがカードローンです。契約した限度額の範囲内までなら、自由にお金を引出せます。今はコンビニなど、深夜でも営業しているATMがあるので急なトラブルでも対応可能です。

 

1枚持っておくと便利ですが、カードローンには申込みの条件があり、誰でも手続きができるわけではありません。未成年、専業主婦、年金受給者の場合には、申込みを断られる場合があります。

 

未成年の申込み

未成年の場合、カードローンの申込みは非常に難しいです。まず、法律によって未成年へのお金の融資は禁止されています。これは銀行のカードローンも消費者金融のカードローンも同じです。マイカーローンなどの一部のローンを除けば、基本的に借入れはできません。

 

未成年の場合でも結婚していて安定した収入があれば、成人とみなされます。しかし、もし返済に滞りがあった時に、回収が難しいという実態があるため、実際に未成年がカードローンの契約を結ぶのは無理なのが実情です。

 

専業主婦の申込み

カードローンにも申込み条件があります。安定した収入がなければ申込みできないカードローンがほとんどです。本人に収入がない専業主婦の場合、カードローンの契約は難しいのが現状です。

 

ただし、配偶者に安定した収入があれば、受け付けてくれるカードローンもあります。消費者金融の場合には、総量規制という法律があるので、カードローンの申込みは初めから無理だとあきらめましょう。狙い目は銀行や信用金庫のカードローンです。

 

銀行や信用金庫の中には、専業主婦でも借入れ可能なカードローンもあります。専業主婦でも探せば申込みが可能です。ただし、専業主婦の場合には、借入れできる金額に制限があったり、配偶者の収入証明書が必要だったりと、借入先によって条件が色々と変わってきます。

 

いくらまで借りられそうなのか、必要な書類は何なのかを、調べて比較するとよいでしょう。専業主婦でも借りられるカードローンについて詳しく知りたい場合には、こちらの専業主婦に人気のカードローンキャッシングを見てください。

 

年金受給者の申込み

カードローンの申込み条件として、安定した収入が必要ですが、年金受給が条件を満たしているかどうかは、借入先によって変わります。年金受給者が申込む場合には、初めから条件を確認しておくとよいでしょう。年金も安定した収入と見なされ、借入れ可能なカードローンもあります。

 

年金受給者の場合、加えて年齢の制限についても確認する必要があります。60歳以下なら大抵のカードローンに申込みできますが、65歳を超える辺りから、借入れできるカードローンの数は減ってきます。申込み条件の年齢の上限もよく見て比較しましょう。

 

収入の形態によっては、申し込みが出来ても審査の通過は難しいカードローンもあります。例えばオリックス銀行のカードローンはアルバイトやパートの方でも申し込み自体はできますが、審査の通過は難しいといわれています。

 

オリックス銀行カードローンは低金利で借りられる頼れるローンサービスとなりますので、審査に通過ができるかはオリックス銀行の審査条件でよく見ておきましょう。